条件一致した行列の抽出ができる関数とサンプル

[スプレッドシート] 条件一致した行列の抽出ができる関数とサンプル

Googleスプレッドシートで特定条件(単一・複数)に該当した行を抽出・取得(特定の列を指定可能)する関数をサンプルを交えながら解説します。イメージとしてはExcelのVLOOKUP関数の上位互換的な感じで使えます。

[スプレッドシート] 条件一致した行列の抽出ができる関数とサンプル

使用関数「QUERY」の構文


=QUERY(データ, クエリ, [見出し])
引数 説明
データ クエリを実行するセルの範囲
クエリ 実行するクエリ文・必要条件を記述
見出し データの上部にある見出し行の数

関数「QUERY」を用いたスプレッドシートサンプル

サンプルでは会員の購入情報に見立てたデータを用意しています。(会員番号・購入日時・曜日・購入金額)

【単一条件指定 – セルG4】会員番号が「101」の行を抽出


=QUERY(B4:E,"SELECT B,C,D,E WHERE B=101",-1)

【複数条件指定 – セルL4】会員番号が「101」且つ購入金額「200以上」の行を抽出


=QUERY(B4:E,"SELECT B,C,D,E WHERE B=101 AND E>=200",-1)

参考

Share