[コマンドプロンプト] batファイルを使用した便利な一括リネーム

例えば「A→1、B→2、C→3」のように決まった値から別の値へ変更が必要なものが複数ある時に使えます。

社会人成りたて(10数年前)くらいに覚えた小技ですが、今でも使うくらい重宝してます。


GitHubにサンプルをまとめて置きました。

GitHubへのリンク、ダウンロード方法

ソースのダウンロードは画像の場所の「Clone or download」「Download ZIP」から行えます。

サンプルの使用方法と中身解説


上記の「Download ZIP」からファイルをダウンロードに解凍すると「@Excel_renameBat」というフォルダが入ってますので、それをCドライブ直下に移動します。


rename.bat」をダブルクリックします。


コマンドプロンプトの画面が立ち上がりコマンドが実行されます。
すると「samplePNG1.png ~ samplePNG4.png」という名前の画像ファイルが「1.png ~ 4.png」に名称変更されました。


rename.bat」のファイルの中身はこちら。(サクラエディタ使用)
ren」というコマンドを使って「パス\ファイル名」から「新ファイル名」に変更処理をするという内容が書かれています。

ちなみに「パス\ファイル名」をダブルクオーテーションで囲っているのはパスやファイル名に半角スペースが入っていた時にエラーになるのを防ぐため。最後の「pause」はそこで処理を一旦ストップさせる効果があります。


rename.xls」では「rename.bat」コマンドの生成補助をするための記述があります。

「rename.xls」の H4 のセル – 数式バー

  • ="ren "&""""&B4&C4&""""&" "&E4&F4

「rename.xls」の H4 のセル – 結果

  • ren "C:\@Excel_renameBat\samplePNG1.png" 1.png

重要な記述はこれくらいだったりします。あとは応用で自身のやりたい環境に合わせてパスやファイル名などを変更して色々と試してみてください(・ω・)ノ

※「bk」フォルダには「samplePNG1.png ~ samplePNG4.png」が入っているので、繰り返しのテスト用にどうぞ★

Share