Photoshopドロップレットをデコンパイル

ずっと出来ないだろうと思ってたアクション(atn)やドロップレット(exe)ファイルを編集する方法があったのでメモ。
主に出力先パスの変更とかでつかえるかな。
アクションファイルからも編集ok。


ある程度手順は踏むけど、以下のような方法で出来ます。

手順

  1. パス変更対象の「atnファイル」を用意。(atnはアクション保存後のファイル形式です)
  2. 「ActionFileToXML.jsx」を実行して「atnファイル」を「xmlファイル」に変換・作成。
  3. 変換したファイル内にある対象のパスを修正・保存。
  4. 「ActionFileFromXML.jsx」を実行して「xmlファイル」を「atnファイル」に変換・作成。
  5. 「atnファイル」をPhotoshopに読み込む。
  6. 読み込んだアクションからドロップレットの作成。

※アクションが残ってたらそのデータを保存。手順02からスタート。
ドロップレットしか無かったら「DropletDecompiler.jsx」で「atnファイル」を作成。

参考サイト

コレを知ってるだけでアクションの環境移行がすげー楽になるっしょ!!?
なんかスゴくすっきり★

2014/10/04sat追記

手順の詳細説明はこちらに!

Share