ドロップレットのデコンパイル詳細

しばらくぶりにドロップレットを編集しようとしたら xtools の最新バージョンが動作しなかったのでちゃんと動いた 2.0 のダウンロード場所とデコンパイルの手順を改めて解説。


現在の最新は xtools2.1 。DropletDecompiler.jsx しか試さなかったけど、windows7 32-bit Photoshop CC では動かなかった。mac OSX 10.9 Photoshop CC では動いたんだけどな…

テスト内容は Cドライブ直下に test/A、B フォルダを作成、Aフォルダ内に jpg画像を書き出すドロップレットの書き出し先を Bフォルダに変更するというもの。exeファイルから書き出し先のパスを編集して再度ドロップレットを作成するまでの手順。

目次

01. ps-scripts(xtools) v2.0 をダウンロード

ps-script01

ps-script02

リンク先 から xtools-2_0.zip をダウンロード。

リンク

02. 必要なファイルを抜粋

ps-script03

先ほどダウンロードしたファイルを解凍してappsフォルダ内の以下のファイルを抜き出しておく。使う順番でわかりやすいように番号を付与。

  1. DropletDecompiler.jsx
  2. ActionFileToXML.jsx
  3. ActionFileFromXML.jsx

03. テスト環境を用意

ps-script04

・Cドライブ直下に !test/A、B フォルダを作成
・Aフォルダ内に jpg画像を書き出すドロップレットを作成
・テスト用の画像ファイル(sample-ps-image.jpg)を用意

ps-script05

ドロップレットを実行するとAフォルダへjpg書き出しされる。

04. Droplet Decompiler.jsx で exe を atn へ変換

ps-script06

ps-script07

05. ActionFileToXML.jsx で atn から xml ファイルへ変換

ps-script08

ps-script09

06. xml ファイルをテキストエディタで編集

ps-script10

ps-script11

!test/A を !test/B に変更・保存。

07. ActionFileFromXML.jsx で xml から atn に変換

ps-script12

ps-script13

08. atn を Photoshop に読み込む

ps-script14

名前は最初に作成したドロップレットのままなので、一応この名前も適切な名前に変更。

ps-script15

ps-script16

ファイル > 自動処理 > ドロップレットを作成 から新しいドロップレットを作成。

09. 作成したドロップレットを確認

ps-script17

ちゃんと意図した動作をするかどうか確認。

簡単なパスの変更ならこの手順で十分かな、と。
もっと複雑な処理をするドロップレットも簡単にできるかな?

xtools には他にも便利そうなツールがあるからいろいろ試してみたいっすね(^ω^)

Share